My Time Journal
2020

ラバーストラップで夏スタイルを
スポーティにアップデートする
“My Time”

端正で品のあるフェイスの
ラバーストラップウォッチが1本あれば、
ビジネス全開のONタイムでも
休日のリラックスしたOFFタイムでも
素敵な“My Time”を刻んでくれる。
そんな時計とあわせて
スポーティにアップデートされた
夏スタイルをご紹介します。

ON STYLING

  • SCENE 01.

    商 談

    ビジネススタイルのクールビズ化が進んでも商談などのここ一番の勝負時にはタイドアップスタイルは欠かせません。ブルーのワントーンコーデなら相手に信頼感を与えつつ、見た目も涼しげな印象。ラバーストラップの軽快さにあわせてパッチポケットの少しカジュアルなジャケットをチョイスしてスポーティさをプラス。

    FC-320NS5B6
    クラシック ハートビート ムーンフェイズ
    215,000 yen +tax

  • SCENE 02.

    社内会議

    ストレッチが効いて、お手入れも簡単な機能素材を使ったセットアップは、もはやビズスタイルには欠かせないアイテムです。ラバーストラップとの相性も抜群で、白ポロシャツをあわせてよりスポーティなノータイスタイルの完成。カジュアルな印象になりすぎないようにメガネも含め、モノトーンで統一感を出すことを忘れずに。

    FC-320DGS5B6
    クラシック ハートビート ムーンフェイズ
    215,000 yen +tax

  • SCENE 03.

    通 勤

    色のあるラバーストラップは、ジャケットなどの色をうまく拾うのが正解です。ローズゴールド×ブラウンの色合いがさりげなくビジネススタイルに溶け込むように、シャリ感のある素材のブラウン×グレーのチェックジャケットをチョイス。ホワイトのリネンシャツを合わせて大人顔のジャケパンスタイルが完成します。

    FC-310MBRW5B4
    クラシック インデックス オートマチック ハートビート
    200,000 yen +tax

  • SCENE 04.

    オフィスワーク

    オフィスでデスクワークの日は、ノータイスタイルでリラックス感を演出したいもの。ポイントはジャケットを脱ぐことを意識したシャツ選びです。ぜひ取り入れてもらいたいのがノータイ仕様のワイドカラーシャツ。色はラバーストラップの色にあわせサックスブルーをセレクト。ちょっとしたこだわりがデキる男を演出します。

    FC-310MNS5B6
    クラシック インデックス オートマチック ハートビート
    170,000 yen +tax

今なら替えストラップ(ピンバックル付)が
もらえる
キャンペーンを開催中!

OFF STYLING

  • SCENE 01.

    カフェタイム

    お気に入りのカフェでリラックスタイム。アクセサリー感覚でつけられるラバーストラップならそんなひと時にもマッチします。ゆったりシルエットのオープンカラーシャツにグレースラックスをあわせた大人の休日スタイル。ホワイトの文字盤×ブラックラバーストラップのカラーコンビにあわせたブラックのカーディガンがポイント。

    FC-320SS5B6
    クラシック ハートビート ムーンフェイズ
    215,000 yen +tax

  • SCENE 02.

    ドライブ

    日常の疲れをリセットするため、目的も決めず一人ドライブ。そんなMy Timeの相棒はグリーンのラバーストラップ。グリーンと相性の良いブラウンのナイロンブルゾン&サングラスでまとめて、休日ドライブにぴったりなスポーティな装いに。インナーにはニット素材のTシャツをあわせて、カジュアルさの中に上品さをプラス。

    FC-310MGRW5B6
    クラシック インデックス オートマチック ハートビート
    170,000 yen +tax

  • SCENE 03.

    テレワーク

    テレワークが導入され、自宅で仕事をする日が増えてきた。そんな日の服装は、リラックス感を保ちつつも、ちょっとしたきちんと感も出したい。そんな欲張りを叶えてくれるのがローズゴールド×ネイビーの1本。ローズゴールドプレートのケースにマッチするラテカラーのカーディガン感覚で羽織れるジャケットをあわせれば、そのまま外出OKな品のあるスタイルに。

    FC-310MNS5B4
    クラシック インデックス オートマチック ハートビート
    200,000 yen +tax

  • SCENE 04.

    サイクリング

    防水機能を備え、お手入れも簡単なラバーストラップウォッチは、アクティブなシーンにもおすすめ。カジュアルになりがちなオープンカラーシャツとチノパンのあわせもブラックを取り入れて、落ち着きのある雰囲気に。トップスのカラーにあわせてブラックラバーストラップをチョイスしてさらに引き締めた印象に仕上げるのが正解です。

    FC-310MBS5B6
    クラシック インデックス オートマチック ハートビート
    170,000 yen +tax

※ ご紹介した時計は全て日本限定モデルです。

撮影協力 : WAW 日本橋

今なら替えストラップ(ピンバックル付)が
もらえる
キャンペーンを開催中!

スタイリストがオススメする
小物使いで
上品さとスポーティ感を両立!

レザーストラップやメタルブレスレットより
スポーティな印象のラバーストラップ。
大人の上品さをキープするために、
ファッションのプロに小物あわせのヒントを
指南していただきました。

  • NECKTIE
    ネクタイ

    クールビズが浸透し、ノータイスタイルも一般的となりました。しかし、状況によってはタイドアップが必要な場面も。ラバーストラップの軽やかさにあわせて、ネクタイも色や素材に軽やかさは必須です。色は涼しげなブルー系を、素材はシャリ感のあるフレスコ素材がおすすめ。タイバーやカフリンクスも華美にならないシンプルなもので上品さをプラスしましょう。

  • SILVER ACCESSORIES
    シルバーアクセサリー

    クラシック顔のラバーストラップの時計一本でも、大人の休日スタイルに上品さとスポーティさを加えてくれるアクセサリーとなります。そんな時計の引き立て役が、シンプルなシルバーアクセサリー達。華奢なバングルやゴールドのアクセントが効いたシグネットリングなどのアクセサリーを選べば悪目立ちすることもなく、どんなスタイルにもマッチしてくれます。

  • CELL FRAME GLASSES
    セルフレーム眼鏡

    ドレススタイルでは小物の色を揃えるとバランスが良いとされています。例えば茶のベルトには茶の靴をあわせるといった具合です。ブラウンラバーストラップを取り入れるなら普段身に付けている眼鏡などもブラウンのセルフレームに変えて統一感を出せば洗練された雰囲気に。紳士のアクセサリーと言われるシグネットリングも程よいアクセントとなってくれるでしょう。

  • METAL FRAME SUNGLASSES
    メタルフレームサングラス

    休日のドライブに欠かせないパートナーとなってくれる、グリーンのラバーストラップ。色をグリーン系で揃えるのも手ですがカジュアルスタイルなので、グリーンと相性の良いブラウン系の小物をチョイスして、色のコンビネーションを楽しみましょう。よりスポーティな印象をプラスするためにセルフレームではなく細身のメタルフレームのサングラスが正解です。

スタイリスト 小野塚雅之さん

ファッション雑誌、Web媒体のスタイリングをメインに、タレントのTV衣装、ブランドカタログ、ドラマ、映画など多方面で活躍中の人気ファッションスタイリスト。

今なら替えストラップ(ピンバックル付)が
もらえる
キャンペーンを開催中!